超特価激安 Sound Ashun Machines Desktop【シンセサイザー】 Synth Hydra-キーボード・シンセサイザー

超特価激安 Sound Ashun Machines Desktop【シンセサイザー】 Synth Hydra-キーボード・シンセサイザー



★Poly Pressure Touch pads
多くのデスクトップまたはラックシンセの問題の1つは通常、再生するために外部コントローラーに接続する必要があることです。どこにでも配置できるラックまたはデスクトップユニットを持つという考え方は、邪魔にならないということです。これは、サウンドの編集や調整をリアルタイムで開始するまでは問題ありません。次に、それを再生する方法が必要です。
シンセを実際に演奏できるようにする24のポリフォニック感圧パッドが含まれています。複数のスケールから選択できる複数のパッドレイアウトを備えたHydrasynth Desktopの演奏は、独自の音楽体験です。

★Oscillators
トーン生成機能は、あらゆるシンセサイザーの心臓部です。
3つのオシレーターにより、219のシングルサイクル波形から選択できます。
ウェーブモーフィングは、プリセットされたウェーブテーブルを持つシンセに通常見られる機能です。ユーザーウェーブテーブルを作成するのは困難であり、まったく不可能です。ほとんどのウェーブテーブルシンセとは異なり、オシレーター1と2にはWAVELISTモードがあります。このモードでは、219のバンクから8つのウェーブを選択して選択し、必要な順序に並べ替えてから、モーフィングすることができます。

★mutators
オシレーター1と2は、ミューテーターにルーティングされます。 Mutatorsを使用すると、新しいサウンドをモジュレート、ベンド、およびスカルプトできます
(および古い)方法。

各MUTANTでは、次のプロセスから選択できます。
FM-Linear-クラシックFMサウンドを作成します。外部入力を含む複数のFMソースを選択します。
Wavestack™-着信音の5つのコピーを作成し、デチューン量を設定できます。
ハードシンク-これにより、クラシックハードシンクサウンドが得られます。モーフィングウェーブテーブルを楽しく同期してみてください。
パルス幅-これは、任意の入力サウンドをパルス幅変調します。
PW-スクイーズ-これは、より滑らかなサウンドを作成するパルス幅modの異なる形式です。
PW-ASM-このモードでは、着信波を8つのスライスに分割し、各セクションで発生するパルス幅modの量を設定できます。
Harmonic Sweep-着信音の倍音をスイープします。

Mutantsは、FMモードとSyncモードの両方で独自の波形を生成できるため、別のオシレーターを使用する必要はありません。もちろん、ルーティングは柔軟であるため、必要に応じて他のオシレーターをmodソースとして選択できます。

★Mixer/ filter routing
3つのオシレーターは、ノイズジェネレーターとリングモジュレーターと共にミキサーに供給されます。
ミキサーを使用すると、レベルをミックスしたり、入力ソースをパンしたりできます。
各ソースの信号をフィルター1および2にルーティングする量を選択できるバランス制御があります。
フィルターは、究極の柔軟性のために並列または直列に設定できます

★filters
オシレーターとトーンジェネレーターがシンセサイザーの中心である場合、フィルターは魂です。
Hydrasynthには、直列または並列に構成できる2つのフィルターがあります。
最初のフィルターには11種類のフィルターモデルがあり、サウンドを調整するための複数のオプションが用意されています。
2番目のフィルターは、オクターブあたり12dbであり、従来のSEMフィルターの動作と同様に、ローパスからバンドパス、ハイパスまで連続的にスイープします。

★LFO's
5つの低周波発振器 - サウンドエンジンと同じように、LFOも決して普通ではありません。

Hydrasynth LFOには、最大8ステップのパターンを作成できるSTEPモードがあります。 5つのミニステップシーケンサーを使用すると、サウンドをさらにシェイプするための驚くべき量の可能性が得られます。
もちろん、10個の標準波形から選択することもできます。

LFOにはすべて、ディレイ、フェードイン、3つのトリガーモード、スムージング、開始フェーズ、ワンショットモードがあり、エンベロープおよびBPM同期として機能します。

★envelopes
5 DAHDSRエンベロープ- 高度なサウンドエンジンには、多くの変調ソースが必要です。 6つのステージエンベロープには、ディレイ、アタック、ホールド、ディケイ、サステイン、リリースの各ステージがあります。

ステージの時間設定は、秒単位または時分割で設定でき、曲に合わせて再生されるエンベロープを提供します。
エンベロープをループして、変調マトリックスで形状を電圧制御できるLFOを作成することもできます。

★MODULATION MATRIX
Hydrasynthのモジュレーション機能は無限です。
32個のユーザー定義可能な変調ルーティングにより、29個の変調ソースと155個の変調ソースを使用する多くの方法があります。
変調先。
シンセエンジンのほとんどすべてが、エフェクトやアルペジエーターを含むモジュレーションデスティネーションになります。
モジュレーションマトリックスポイント自体もモジュレーションの宛先になります。
変調のソースとデスティネーションには、CV Mod In&OutジャックとMIDI CCが含まれます。

★ARPEGGIATOR
アルペジエーターは、標準的なノートのアルペジオを可能にしますが、フレーズアルペジオも組み込まれています。 RATCHETやCHANCEなどのパラメーターは、パフォーマンスに命と自発性を追加するために、ランダム性を備えた他のリズムパターンを生成します。

アルペジエーターのほとんどのパラメーターを変調することもできますので、LFO、エンベロープ、ポリフォニックアフタータッチ、またはリボンコントローラーを使用してアルペジオをリアルタイムで変更することを想像してください。

★CV/GATE - MIDI - USB
シンセには標準のMIDIおよびUSB / MIDIインターフェイスがありますが、より深くなり、モジュラーワールドに接続するためにCV / GATEインターフェイスを使用できるようになります。
Eurorackモジュラーおよび日本のVolts> HZ製品の一部の標準電圧をサポートします。 MODインおよびMODは、DCから全オーディオ範囲への変調を可能にし、変調機能を拡張します。

★Main Controls
メインシステムコントロールでは、パッチをナビゲートし、システム設定を構成し、OLED画面でエンベロープ、波形、フィルターなどのパラメーターを表示します。
[Init]ボタンと[Random]ボタンを使用すると、長押し+モジュール選択ボタンを使用して、完全なパッチまたは特定のモジュールを初期化またはランダム化できます。
[ホーム]ボタンを押すと、パッチを簡単かつ簡単にナビゲートできます。

★master controls
マスターコントロールセクションでは、すべてのパラメーターの編集、パッチの命名、マクロの実行が行われます。
このセクションは、OLEDスクリーン、LEDリングを備えた高解像度エンコーダー、8つのボタンを使用して、何が起こっているのかについての良いフィードバックを提供するように設計されています。
VOICEパラメーターを使用すると、プレイモード、アナログフィール、ボイスパンなどの多くの機能にアクセスできます。

★macros
パッチMACROSは、ユーザーがライブパフォーマンスでエンジンを詳細に制御できるように設計されています。
8つの割り当て可能なエンコーダーとボタンは、それぞれ8つの宛先にルーティングできます。完全なサウンド変換は、ボタンを押すか、ノブを回すことで実行できます。

★patches
Hydrasynthには、合計128パッチの5つのバンクが付属しています。 256個のファクトリパッチを作成するために、最高のパッチデザイナーを雇いました。

必要なパッチの検索とライブラリの検索は、ブラウザで簡単に行えます。また、PC / MACベースのPatch Managerプラグインにより、パッチを簡単に移動してお気に入りの順序を作成したり、将来新しいパッチライブラリをロードしたりできます。

★effects
エフェクトチェーンは、他のシンセで見られる典型的なものを超えています。プリエフェクトとポストエフェクトは、サウンドを処理するためのいくつかのユニークな方法を提供します。
エフェクトは、サウンドを完成させるのに最適な方法です。

超特価激安 Sound Ashun Machines Desktop【シンセサイザー】 Synth Hydra-キーボード・シンセサイザー

ニュースリリースここまで